トキメキ☆ソウル natsupan.exblog.jp

あの地震のあと突然はまった韓国。ひとりでぶらりといっています。ELF&AIREN。ヒョクもスンギも入隊。ゴム靴はいてます。そして、、元BOICEになりました。


by natsupan
プロフィールを見る

<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

揺れ動く乙女心。

いやー今日は驚きましたね!

朝ひらいたスポーツ新聞(このためにかったのではなくほぼ毎日読んでるアジョシ生活)みて
どっひゃーΣ(゚∀゚)


a0222564_20512558.jpg


え?ええ?

a0222564_20513058.jpg


こんなおっきい記事で兄さん!!
(正確には村上龍さんですがw)


いやー
兄さんのフライングSNSで知ってはいたのですが
(っていうか、本人→新聞→ELFからのメールってどーなの( ̄ー ̄)?)

すごいすね。
そこまで村上龍先生が兄さんの声に惚れ込んだんですか…

ということで、
ツアー前に日本も話題性のある新曲ができてよかった。うんうん。


で、今日地方の大型ショッピングセンター、イ●ンをふらふらしてて
HMVに吸い寄せられていくと…

a0222564_20513358.jpg


おおっ!兄さん!

横をみると

a0222564_20513710.jpg


わわ!CNも新曲でたよね!


どーしよどーしよ 
買うべき?どーなの?と悩んでレジへ。


あれw
わたしの手元には


a0222564_20514029.jpg

ちがうカワイコちゃんが!

a0222564_20514397.jpg

イヤン(/-\*)豪華セット❤


えw
連れ帰る子がちがう?

ごめんなさいごめんなさい



だってちらっとふりかえったら

a0222564_20514741.jpg


……。


夢遊病のように手に取ってた(;o;)



これからDVD鬼再生しちゃおう…㊙

深くはつっこまないでくださいm(_ _)m


[PR]
by natsupan | 2017-05-16 20:37 | 浮気ゴコロ | Comments(2)
邦画とアニメはほとんどみる機会のないわたしですが
ここにきて、気になる作品が…

韓国の有名な監督が撮った日本の作品です。


まずひとつめはこちら。

a0222564_11370057.jpg

キム・ギドク監督『STOP』

【story】
2011年3月11日、東日本大震災。そして福島第一原発のメルトダウン。
5km圏内に住んでいた若い夫婦は東京への移住を決意した。
妊娠中の妻は放射能の赤ん坊への影響に不安を抱え、だんだん正気ではいられなくなる。
そんな中、謎の政府の役人が現れ中絶を強引に促す。
写真家である夫は、かつてのままの美しい自然や動物の写真を撮り、妻を安心させようと単身福島に戻ったのであったが、彼がそこで見たものは・・・。
(『STOP』HP より)

3.11の地震と原発の話。
世界中で物議をかもし、日本では上映不可能といわれた作品だそうな。

YouTubeにあがってる予告編をちらっとみただけで
うーむ…という感じでした。


日本の俳優さんで日本で撮影し
しかもキム・ギドク監督自身が監督、照明、録音、編集とすべてやったそう。


そもそも鬼才?奇才?といわれる
キム・ギドク監督作品は
みたあとの後味の悪さったらないし
絶対わたしの好みじゃないので
(なんならなぜそこまで評価されてるのかもわからない…)
見なきゃいいのに気になるんですよw

ただ、あのなんともいえない泥沼と意味不明感満載のキム・ギドク作品が
いままでは韓国語で韓国の俳優さんがやってるフィルター感がありましたが
日本作品となるとダイレクトにくるので、耐えられるか心配です…。

こちら新宿と大森でのみの上映。
来月は横浜でもやるそうです。

ちなみにいまのところ、SNSなどで誉めてる人は見当たりません…(;´д`)



そしてまったくちがう方向性で、
もうひとつの作品はこちら。


a0222564_11370305.jpg


ユン・ソクホ監督『心に吹く風』
(学校にチラシが…)

【解説】

日本に韓流ブームを巻き起こした韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が劇場映画初メガホンをとり、春の北海道を舞台に、高校時代の初恋相手と再会した男女が織り成す2日間を綴った大人の純愛ドラマ。
仕事で富良野を訪れたビデオアーティストのリョウスケは、高校時代の元恋人・春香と20年ぶりの再会を果たす。春香は既に結婚して娘もいたが、春香をずっと想い続けていたリョウスケはビデオ撮影に誘う。
春香は戸惑いながらもリョウスケに同行し、忘れかけていた想いをよみがえらせていく。失った時間を取り戻すように急接近していく2人は、ついに越えてはならない一線を越える決意をするが……。

(映画.comより)


またもや初恋!!
さすがユン・ソクホ監督!

って感じですが
あれ、不倫しちゃうの?
これじゃ純愛じゃないけど大丈夫??

と他人事ながらドキドキw


ちなみに、この主演の方、存じ上げないのですが
斎藤工さんとヨン様を足して二で割ったような…(´▽`)←え、ちがう?


こちらは6月17日~全国上映みたいです。


あまりに振り幅大きい作品ですが
二人の有名監督が、日本人の俳優でどういう作品をつくりあげるのか、ちょっと気になります♪


[PR]
by natsupan | 2017-05-14 08:45 | 韓国ドラマ・映画 | Comments(0)

ようやくみました。

一世を風靡したあの作品を
ようやく全部見終わりました。

a0222564_22315278.jpg

태양의후에
(太陽の末裔)

ソンジュンギブームを巻き起こした
あれですね。

感想を一言で言うと…


ずいぶんスケールの大きなストーリーだな(´ρ`)
でした…。

なかなかいままでの韓国ドラマにはない設定のような?
軍隊とか他国との戦いのなかのラブロマンス的な話はたくさんありましたが
新鮮に見られました。

基本的には
自分の愛するひとがヒーローで
自分を助けてくれて
キャー( 〃▽〃)かっこいー!
的なストーリーになりがちなところを
ヒロインも医者という大変な仕事をもってバリバリ働くひとであり
強い意志をもった女性であるところが、イマドキな感じですねー。

昔なら、愛と青春の旅立ちみたいに
ヒロインは力のない女性で
ヒーローがそこに降りたって救いだしてくれる!的な感じになるんでしょうが
強い女性設定なのがよかったです。

そして、ヒロインを演じたハンヘギョさんは
彼女をはじめてみたのが
『その冬、風が吹く』だったので、
美しいひとだなーって感じでしたが
『世界で一番愛しい君へ』や、今回の作品のように
ちょっとおてんばな役がはまり役な気がしますー。

今回キャスティングも成功だった気が。

あんなヒーロー設定ででてこられたら
わたしもあのヒーローにはコロリとやられそうですが
ソンジュンギ氏はきれいすぎて心配無用でした(笑)

これではっきりしたわー
わたしストーリーで簡単に堕ちるとおもってたけど
ちゃんとこのみがあるんだわ❤←B専ではありません

あとはとにかく映像がきれいでしたねー。

a0222564_22315381.jpg

ソウルのシーンとかほとんどないせいかもしれませんが
ウルクの非日常的な風景がやはりいい効果をもたらしてましたね。

そして
a0222564_22315465.jpg


この二人のラブラインもよかった。


え、この俳優さんどなた??と思ったら
あのチン・グさん!

名前はよく聞いてたけど
もっと男くさい任侠ものとか出てるイメージで
お顔を存じ上げませんでしたが
この役ぴったりでしたね❤

わたし、ソンジュンギよりこちらのほうが好みでした←誰も聞いてないw

16話でおわるとこもいいし
人気があるのはわかるな、って作品でした。

いまさらわたしの感想も必要ないでしょうが(笑)
備忘録として…でした(^^)


ポチしてね♡

にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-11 22:12 | 韓国ドラマ・映画 | Comments(0)

やはり王様。

最近でこそ日本でも韓国家庭料理がたべられるようになりましたが
もともと日本では

韓国料理=焼き肉

でしたよねー。


そんな中でも焼き肉の王様!といえば?


はい、ひさびさにいってまいりました。


a0222564_21421128.jpg


叙々苑~♪
(今回は麻布十番です)


間違いないすよねw
昔は深夜の西麻布店や恵比寿のガーデンプレイス店によく出没してましたけどごぶさた…

深夜の西麻布店は
お仕事あがったあとのクラブのおねえさまが
ひとりで焼き肉たべてたりして

きれいなおねーさんのひとり焼き肉
かっけえええええ(*つ▽`)っ


と、あこがれておりましたの❤←あこがれるとこちがうw

実は仕事と仕事の間だったので

a0222564_21421684.jpg

ノンアルコール♪

a0222564_21422082.jpg

牛タンはねぎをつつんで( ゚Д゚)ウマー

a0222564_21422392.jpg

ハラミも甘くて( ゚Д゚)ウマー

a0222564_21422718.jpg

壺漬けカルビをニョキー


まだまだいけたけど
ごちそうになったので遠慮しましたw

〆はめずらしい

a0222564_21423237.jpg

温麺


麺は冷麺のそば粉の入ったグレーの細めんと
盛岡冷麺みたいな白い太麺と
うどんのどれがいい?と聞かれます。

うどんがオススメと言われたのですが
うどんじゃふつーなので
細麺にしてみましたが おいしかったです。


めずらしいメニューで

a0222564_21424299.jpg

茄子のキムチも。

ピリカラの茄子の浅漬けみたいな味で
おいしかったです。



栄養注入し
深夜まで無事仕事ができました!


たまにはおいしい焼き肉
やっぱいいすね❤  

ごちそうさまでしたー!


ここをぽちっと♪

にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-11 21:28 | 韓国料理・その他 | Comments(0)
しのくぼにてタッカルビから始まった会合ですが

二次会は職安通りに新しくできた
グッネチキンさんへ。
(グンネチキンと言いたい感じですが一応片仮名だとこうなるのかな?
ローマ字だとgoobneだって。むずいw)

ここ、わたしの学校の一階ですが
短命だった100円ショップを経てチキンや
に。
気になってたのです。

韓国でもグッネチキン食べたことなくて
ソシやEXOなんかが広告してましたよね?

フライドじゃなくて굽다(焼く)したチキンなので
オッパダッ的なやつですよね。

となると、罪悪感がとたんになくなるので
ありがたいわけですw


a0222564_16293623.jpg

店内も思ったより広くてきれい~

変な時間にいったので
がらがらでした。

ランチメニューもあり
またカフェメニューもありました。

わたしたちはオリジナルのベーシックなチキンと
ボルケーノ(辛いソースにまみれた)の半々セットを。

a0222564_16293885.jpg

おなじみ大根と 
ソースが二種類でてきました。

そだ、大根おかわりできるのか 
聞くの忘れたw

20分ほどかかります~と言われ
出てきたのが

a0222564_16294022.jpg


こちら。


量は少な目。
でもピースはしっかりしてます。

オリジナルはソースつけなくてもおいしい!

ボルケーノはなにかスパイスを感じる甘辛テイスト…
悪くはないけど、辛いの苦手なひとはやめたほうがいいかも?

ベーシックなオリジナルとふつうのヤンニョムが食べたいのに
その組み合わせの半々がないんですよ…

カレー味とかあんまし好きじゃないので
も少し自由な組み合わせほしいな…

わたしたちはタッカルビ→直後のチキンだったので
全然量ちょうどよかったんですけど
チメ目的なら少な目かも。
人数多いときやがっつり食べたいときはホシギへ、
軽くチキンたべたいときはこちら、と使い分けてもいいかもw

店員さんはまだ初々しい若いおねーさん、おにーさんで
一生懸命でかわいかったですw

で。そこで平らげたあとは
〆のコーヒー。


a0222564_16294266.jpg


おなじみのコメダで
シロノワールでゴールw


ていうか、気づかなかったんですけど
たっけんさんに10時間たってるって言われて

えええええΣ(Д゚;/)/

ほんとに13時~23時まででした。


人間て10時間もぶっつづけで
飲み食いしたりしゃべったりできるんですか?
(←おまえだよ)



あーびっくりした…


そしておみやもたくさんいただいてしまいました♪

ELF残り香スイス旅から帰ったばかりの
かくれパープルさんからも

a0222564_16294596.jpg


スイスのチョコとかワインとか!
おしゃんてぃー♪
(韓国以外の国のみやげがめずらしいw)

そしてたっけんさんからの
おなじみあんこ尽くしの萌え萌えおみや!

a0222564_16294856.jpg


(コメダでトーストたのんでこのあんこチューブつけて食べたいのをどんだけ我慢したか…)

そして新作ヲタグッズ!


a0222564_16295489.jpg


ヒョクのウェットティッシュ❤


すごおーい❤←ギュ風に鼻濁音強めで
さすがだわー。

ほんとしのくぼでたっけんショップ開いたらいいのに。
わたし通うよ?←


このなかにひっそり入ってた
あんこまみれのこぼれおはぎ。
翌朝、breakfastとしてペロリといただきましたの。おほほw
(二個入ってたはずなのに)


なにもかもおいしくいただきましたm(_ _)m
ありがとうございました。

結局なにを10時間もくっちゃべってたのか
思い出せないのですが
ヲタ活ってたのしーね♪
ということでハッピーならよしw





にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-09 15:22 | 韓国料理・新大久保 | Comments(2)

キタ━(゚∀゚)━!

年に一度のお祭り(笑)
SMTOWNのお知らせがきましたね。

a0222564_16215588.jpg


ふむふむ。
京セラ15.16日。

ドーム27.28日。

え?
ええ??


これ、、、

ウネくるんすかね(゜Д゜≡゜Д゜)?

たしかヒョクの転役日(除隊)→12日
ドンヘは→14日とかでしたよね?

え?


ま、まさか

ドンヘ転役翌日→京セラとかあるの?
        そんなんありなん(; ̄Д ̄)?

ましとチャミは8月だから間に合わないのね…


どーせなら
二人も帰ってきた9月とかにやればいーのに。
(気が利かないわね、o(*`ω´*)oプンスカ←)


エーネとかも8月になるのなら
それでいーのに。

あ、もしや
エーネで赤組さん招集する気??
(野外つら…)

またギリまでメンバー来る来ないでゴタゴタしないでね…
(ほかのスケジュールのため欠席とか普通ないからね…
これも大事な仕事よ?
ダブルブッキング平気でぶっこむ事務所ありえんからね…)

そして
謹慎中のうちのアッパはどうなるんでしょーか。


もんもん。




推しメンくるかこないかわからない詐欺いいかげんにして!と思う方
ぜひポチ♪

にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-08 15:53 | music (k-pop) | Comments(0)

GWの会合~一次会~

あんにょん♪

ゴールデンウィーク終わってぐったりしてますかー??

毎年毎年ニュースやワイドショーで
連休の家族旅行だの渋滞だのって話題をみるたび

大変ね…(  ̄ー ̄)

と、完全ひとごとのnatsupanです。

以前は人と同じタイミングで休んでみたい!!と、
無理矢理ゴールデンウィークやお盆、年末年始に休みをとって
OLの友人と海外旅行なんていってみたこともあるのですが

旅費たかっ( ̄□ ̄;)!!

しかもどこにいっても

人多すぎ( ̄□ ̄;)!!


と、なり、
ひとり遊びもへっちゃらになった昨今では
むしろ人がいなくなってせいせいした都内を満喫してる次第です(笑)


さて
そんな人並みのゴールデンウィークの楽しみもないわたしですが
オーラスの日曜には楽しみにしていた会合が!


シギョンずぶずぶペンでおなじみwww
たっけんさんとの定期会合~!!


今回はわたしのELF友でもあり
ずっとかくれシギョンペンだったシャヲルちゃんも合流←難しいw


今回は
『鶏肉はいくら食べても太らない』byシギョン
というたっけんさんの情報を信じて、鶏ハシゴデーに決定。

まずは屋台風でおなじみ
イケメン通りの春川タッカルビやさんに合流。

意外にもここでまだ食べたことのない
メイン、タッカルビから。

a0222564_14092147.jpg

瓶ビールのコップは
韓国でお水をのむときのおなじみ
銀のカップがでてきたよw

a0222564_14092329.jpg

オイキムチサラダ

a0222564_14092592.jpg

エゴマの葉の入った餃子。
揚げてあってお肉ぎっしり( ゚Д゚)ウマー

そしていよいよタッカルビ!!

a0222564_14092785.jpg

この大きな鉄鍋、春川で食べた感じと似てて
テンションあがる\(^^)/

そして
最初だけかきまぜに来てくれたけど
あとは完全に忘れられてたので要注意ですw


しかも
Wチーズもオーダーしてて
今回はおばちゃん
ちゃんとメモもとってくれてたので油断してたら
チーズ忘れられるwww

チーズは…?と聞くと
『チーズ?ダブルもできますよ?』と
初めてオーダー受けたかのような反応でしたwww
(たとえオーダー時メモをとってても油断は禁物です!)

a0222564_14093136.jpg

チーズいれていただきまーす♪

あら、おいしい❤

4時間待ちのブレイク店より
具だくさんでおいしいですよ♪
(あちらは完全なフォトジェニックなSNS映え人気店ですね)

ここでたっけんさんの衝撃の告白やら
ELF&シャヲルちゃんのシュジュの残り香を訪ねるスイス旅の珍道中などを聞いていたら
あっという間に時間がたちました…。

このあともあったので
ポックンパブまでいかず、はい、次に移動です。






にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-08 13:25 | 韓国料理・新大久保 | Comments(4)

アナザーストーリーズ

NHK BSプレミアムで放送している
『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』という番組、ご存じですか?

話題は多岐に渡っていて
毎回かなり興味のそそられるテーマなのですが
なかなか見られず…

ただ、先日のテーマが

「冬のソナタがおこした奇跡 韓流ブームの発火点」

だったのでおもわずみてしまいました・・・。

a0222564_09540147.jpg


まずひとつめの視点が
『純愛』

ユンソクホ監督が初恋にこだわる監督で
すでに秋の童話でヒットをとばしていた中、
自分の初恋の思い出のあるナミソムで撮影することにこだわったこと、
新人の作家と組んだことなどがあげられていました。

ナミソムはその当時
変な遊具とか(偽者ミッ⚪ーマ⚪スの絵が書いてあったりw)があったり
ゴミだらけのさびれた島で、誰もよりつかない状態だったそう。
でも、監督の甘酸っぱい初恋のデートの地である、
ナミソムのメタセコイヤ並木にこだわり、撮影を決心したとか…
そこに奇跡がおこり、ものすごい雪がふり、一面銀世界に(ゴミも隠れた!)
夜に予定していた撮影を、急遽朝のシーンに変え
あの雪だるまシーンが生まれたそう。
白は初恋、純愛の象徴なんですってー(*´ω`*)

また、冬ソナの作家は二人の女性作家の共作で

a0222564_09540453.jpg

その二人が当時まだ勉強中のデビュー前の作家だったため
テレビ局に『そんなやつに書かせるのか!』とクレームきたりしたそう←韓国らしいw

でも監督は直感を信じてこの二人に任せたら大成功。

しかもこの作家の二人が
地方の大家族の中で育った人たちで
古風なところがあり、
台詞でも사랑해요ではなく사랑합니다だったり
お互いを~씨づけで呼ぶなど
丁寧で上品なのがまたうけたとか。

a0222564_09540731.jpg


ちなみに、監督自身も純愛初恋にこだわり
結婚がなかなかできず、なんと
4年前にしたそう!(現在50代半ばのはず…)

そんな監督が心を決めた奥さまがどんなひとなのか
もんのすごく気になるんですけど!!



そして2つ目の視点は

『金大中大統領の施策』
a0222564_15551402.jpg


日本の文化がはいってくることを一切禁じていた韓国に
日本の映画やアニメ、歌などを許可し
また、韓国の強みになるコンテンツを作り出すために
文化的なものへの発展に援助をすることを推し進めた矢先の冬ソナブームだったそうで
大統領もヨン様ヨン様とブームを喜んでいたとか(*´ω`*)

(政治的にはいろいろありすぎる方ですがその辺は今回は掘り下げず)


そして3つ目の視点は

『冬ソナで人生がかわった人たち』


それまでまったく日本の文化になかった
韓国ドラマが
NHKで初めて地上波放送され
日曜の夜11時という枠にもかかわらず
視聴率は20%を超え
ものすごい数の手紙が届いたとか。

今回とりあげたのは
最愛のご主人を早くに亡くし
希望を失っていたところ
冬ソナに出会い、あの純愛にどっぷりとはまり
現実の悲しみから逃避できた70代の女性。

第2子を妊娠中にひどい顔面麻痺に襲われ
治る見込みなしと医師に告げられ絶望の淵に。
目をつぶることもできず、日常生活すら大変、
夫とも離婚することとなり
人生の希望を失っていたときに冬ソナと出会い
ユジンの前向きで突き進む姿に憧れ
奮起し、独学で韓国語を学び、いまではその韓国語を教えて生計をたてているという女性。

そんな二人の人生をとりあげていました。

冬ソナがもたらしたのは
ヨン様の尋常ではない人気だけでなく
日韓のお互いの文化の流入と
経済効果、
そして数えきれないほどの人を勇気づけたこと。

わたしも地震きっかけで突然韓国ドラマにはまった人間なので
すごくよくわかります。


韓国ドラマの何が楽しいの?
そんなドラマなんかでお花畑にはまってバカじゃないの?

そんな声はよく耳にします。

さすがにドラマの世界しか見えないのはどうかと思いますが
たかがドラマみるだけで
現実逃避できて勇気がもらえるなら最高じゃないですか!

ドラマみるだけで
韓国語勉強して話せるようになっちゃったり
タブレットやスマホを使いこなせるようになっちゃったり
前向きにチャレンジ精神わいてきちゃったり。

すばらしいことですよ。

日韓の関係は相変わらず。
動きまくるゴールポストに
北の脅威まで。

頭に来ることもわかりあえないこともたくさんあるけど
冬ソナってほんとに社会を変えたんだな…とつくづくすごいと思いました。

そんな大きなビジョンじゃなくても
気晴らしにドラマみるだけで一瞬でも悩みを忘れられるなら
そんな安上がりなことないですからね♪


今さらだけど
冬ソナちゃんとみてみようかな?と思ったりしてる自分もいました…(笑)

わたしのまわりでは
この当時、ひそかに冬ソナにドハマリしてるおじさまも多かったんですよね…

純愛は男女問わず、なのかな(^^)


ちなみに・・・
作家さん、「冬ソナ2」の構想中らしいです。
ほんとに続編できるみたい???



にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-06 14:26 | 韓流ネタ | Comments(2)
あまりにも話題のスタバプリンを
酷評してしまったわたしですが
新しくでた抹茶プリンも懲りずに食してみました。


a0222564_22441968.jpg


味はしっかり濃いめ。
カラメルははっきりせず…


悪くはないですが 
んーやっぱこんなもんなのかな?という感じでした( ̄ー ̄)


韓国でもおなじ味なんですか??
(食べたことないのでわからず…)


一応自分でちゃんと感じたいタイプなので
ゴタゴタ言いつつちゃんと食べてみます(笑)


でもやっぱり
おいしいプリン!というほどではないかなー。


あくまでも個人的な好みなので 
お許しを…
(わたしはとろとろプリン系が好きです)


あとは日本のスタバでも
韓国みたいにかわいいカップやタンブラーなんかもでるといいですね(^^)


きょうもカロリーたっぷりな一日でした♪






にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-03 21:45 | たべもの | Comments(0)

わたしのなかの王道。

ゴールデンウィーク
みなさまいかがおすごしですか(棒読み)

やすみたいなー
仕事しないでひとつきくらいぼーっとしてるか
ぶらり思い付くままに旅したい。

と、現実逃避しながら
働くしかないnatsupanです。

そんなわたしの
てっとり早い現実逃避といえば…?

そう、お分かりですね、
せーの!

韓国ドラマヽ(・∀・)ノ


はい。
ということで、こちらには書いてないですが
せっせとみております。

最近のドラマで大ヒットしたこちらの作品も
a0222564_22141031.jpg


みせていただきました。


구르미그린달빛
(雲が描いた月明かり)


あれ。
なんで雲なのに구름이 じゃなくて구르미???
なんかいろんな意味をこめてわざと
こういう表記にしてるみたい?ですね。


男装女子がイケメンの園へのりこんで
イケメンたちが女性と知らなくても恋心を抱いてしまう
お約束のパターン。

美男ですねやソンギュンガンスタイル。
もーこの王道、わたしはイチコロです。

ヒロインのラオンを演じたのが
キムユジョンちゃん。
彼女は意外と声が低くていいですねー。
そして、かわいい。

でもさ。

あんな華奢でかわいくて男なわけないよねw
…という野暮なことはおいといて。


足をひっぱるライバルがでたりすることも多いですが
これはイケメン二人に好かれるタマラナイパターン(;´Д`)ハァハァ
a0222564_22141124.jpg


そのもうひとりのイケメンが

a0222564_22141223.jpg


この殿方❤


この切れ長で涼しげな目元、
端正な顔立ち。

すてき~!
誰!?

と思ったら
a0222564_22141336.jpg


びっぽの子!
ジニョンていうのかな?

なんかひょくを思い出す…♪(/ω\*)
殺陣もすごくうまかったし
なによりこの時代劇スタイルお似合い❤

俳優としての今後楽しみですねー。


それはともかく、ポゴミー最高です。
なんていうか、ツンデレめっちゃ合うし
世子としての気品もあるし 
いや、最高以外ないわw

『君を憶えてる』のサイコな弟役でわたしは堕ちましたが
応答せよといい、彼は演技うまいですよね?
(なにを今さらとお思いでしょうがw)

いや、イケメンとかいい子だとかの前に
すごく演技派な気がするんですが…
今後はいろんな役に挑戦して
ただのイケメンじゃないことをみせつけてほしいです。
(二作品に一回はメロはさんでいただいてw)


この作品はストーリー的には
恋のライバルで足をひっぱるいやなやつはいないけど
政治的ないやなおっさんはたくさん出てくるので
韓国ドラマに欠かせないスパイスの
『たったっぺ!!』な要素はありますので
ご安心を。

あと気になったのは
まだ奥ゆかしいはずの時代に
ラオン、イチャイチャ積極的すぎない(;´д`)?

ま、いいですが。


ちなみに、わたしの韓国語の先生は
わたしが、ポゴミー最高!と言うと

『えー
パクポゴム?

死神に似てない?



105.png105.png105.png105.png105.png105.png


そ、そ、そうですか?

死神って…



a0222564_22141473.jpg


こういうかんじ(;´д`)?



似てるかな…
色の白さと
口の開き方かな…


日本語も授業でとってるだけあって
日本ペンミのあと、MCした古家さんにTwitterで日本語でお礼してましたもんねー。

かわいい❤
 

(次こそいかねば…)


なんだかんだ言って
かわいこちゃんとイケメンいっぱいの仮想世界が
一番楽しいお花畑です。

さーてあしたもがんばるぞw







にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2017-05-01 18:40 | 韓国ドラマ・映画 | Comments(0)