トキメキ☆ソウル natsupan.exblog.jp

あの地震のあと突然はまった韓国。ひとりでぶらりといっています。ELF&AIREN。ヒョクもスンギも入隊。ゴム靴はいてます。そして、、元BOICEになりました。


by natsupan
プロフィールを見る

カテゴリ:ソウル(with母) 2011.11( 30 )

おわったはずの母とのソウル旅行記ですが
オマケ編・・・・帰りのことです(´ε`;)


チェックアウト事件とエレベーター事件を経て(笑
結局なんだかんだホテルに3時間ほどうだうだしてしまいました。

帰りも楽天タクシーをたのんでいたのですが
行きがあの黒タク事件(過去ログ参照→)だったので
どんなのがくるかドキドキしてたのですがw

時間になり外に出てみると

 「楽天」

とでかくかかれた見慣れたバンがとまってました( ^∀^)


近寄っていくとノリのいい感じの若めな運転手さん。
(いままでに比べればのレベル)

ちょっと早いけど空港にむかいましょーってことで
乗り込みました。


で、その車内で積極的に話す運転手さん。
もちろん日本語で話してくれるんで、すっかり安心した母が
「うちの娘は親を歩かせる」とか
「ソウルタワーも急な坂道歩かされた」

など、かなり誇張して吹き込む吹き込む!

で、「お嬢さん。おかあさんをいたわらなければ」とか言われてしまう始末(´ε`;)

おかーさん!正確にちゃんと話してよ!!!!

ソウルタワーだって外国人OKの上までタクシーでいって
最後の駐車場から先の全員歩かなきゃいけないゾーンだけ歩いたのを
まるで鬼娘に無理やり歩かされたようにいうのはやめて!!!


そんなやりとりがあって
韓国の人特有の初対面なのに家族のことや自分の気持ちを話したり
人を諭す的なトークがくりひろげられ、
最終的には母も
「おかあさんをソウルにつれてきてあげた娘さんの気持ちを
大事におもってください」と諭されてました(笑

で、よく聞くと運転手さんはわたしのひとつ年下だったようで
いろいろやんちゃしてた時代があり
親と不仲だったけど、おかあさまが亡くなってからはお父様と和解し
いっしょに暮らしてる・・・というような話があったあげく

なぜか話はおかしな方向に・・・。


なかなかしっかりしてない自分も早く結婚して父を安心させたいという話から
少し気が強いくらいの奥さんをもらいたい

          
           ↓
   
      わたしが理想の奥さんだ 

という話になり(笑


空港につく手前では、
今度ソウルにきたときは絶対飲みましょう
日本に電話します
韓国語の練習にもなるのでお話しましょう


という母公認ナンパ状態に(爆



もちろんノリのいい母のことですから
「いいわよ~もううちの娘も売れ残りだからもらってやって!」
なんて調子いいこといって勘弁w

で、空港についてその運転手さん
わたしたちのスーツケースを車から出してる時に
おもいっきりおとしてくれて(-_-;)

母がこの旅行のために買った新品のスーツケースが
べっこり凹む始末。

でも調子のいい母は
「だいじょぶよ~安物だから」なんていってスルーしちゃいましたけど
普通ありえない・・・っていうか弁償もんですよね・・(;´Д`)

で、運転手さんと分かれてから

「あんなでかい身体してこんなスーツケース一個まともにもてないような
男はやめときなさい」

とピシャリw

・・・っていうかおかあさん、あんたさんざんのせといて!

もちろんわたしも電話番号すら教えてませんけどw


プチ留学のときといい
今回といい、楽天タクシーはちっともよくないです。

けっこうネットの評判いいですけど
そんないい運転手さんにあたったことないです。

いつも個人的に誘ってくるか
個人的に営業してくるか。
(むしろいちばんあやしい黒タクの運転手さんが
いちばんおとなしくてよかったw)

楽天さん!も少し教育ちゃんとしてください~!!!



このあと、仁川空港でもまだたっぷり時間があって
フラフラしていると、ドラマか映画の撮影をしていました。

背の高い俳優さんとかわいい女優さんがいたものの
どなたかわからず、野次馬根性バリバリの母はかぶりつきでみていたのですが
わたしは餅菓子買いに行って帰ってくると撮影中だったので
別の位置から見てようと、時計の下にたって携帯をいじっていると
スタートのかけごえがきこえたとたん


わたしのまわりの人たちが全員動き出した!!!


つまり、わたしのとなりでスマホいじりながら待ち合わせしてる風の女の子も
前にたっていた空港職員も
すぐそこを歩いて行ったお客さんも

全員エキストラだったんです!!!!


わたし、知らず知らずのうちに
エキストラになってました((((;゚Д゚))))



すごいですねー
全然ノーチェックですよ。
日本ならぜったい「そこの人!でてください~」って言われますw

思わぬ出演をしてしまったあのシーンは
何の作品なのかいまだに謎です・・・・。




そんなこんなで最後までドタバタでした。
内容のこすぎる5日間だったのでした^^



エキストラデビュー記念にポチおねがいします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-06-10 10:57 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
だいぶあいてしまいました・・・。


最近では「スンギ」で検索してきてくれる方も増えてるようで
ファンブログではないのでガッカリされた方ゴメンナサイ(´ε`;)

と、同時に、スンギに興味持って検索してくれてる人が増えてるのかな?
と、ちょっとうれしくもあったり。

そんなスンちゃんの武道館の余韻にひたりまくってたわけではないのですが(笑
いい加減、旅の記録を終わらせなければ!と舞い戻ってまいりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ホボントースト~ショッピング~セマウル食堂でのお昼ごはん

で・・・・いったんホテルにもどりましょかとのんきに部屋に戻ったわたしたち母娘。
するとそれを待ってたかのように部屋の電話がなったのでした。


電話にでるとフロントから。


フ「あのう~チェックアウトすぐできますか?」

私「なぜですか?」

フ「もう時間すぎてます」

私「なんのですか?」

フ「チェックアウトです」

私「え!?何時までですか???」

フ「12時です」


~時計をみると13時過ぎ(;´Д`)!~

私「あのー荷物すぐ片付けてチェックアウトします!」

フ「すぐできますか?」

私「すぐできませんっ!!!でも急ぎます!」


なんとわたしったら何をうっかりしてたのか
チェックアウトってものを忘れてました(爆


荷物もなんも作ってない(-_-;)・・・。
そこからダッシュ!!!


母娘それぞれのスーツケースに
山のようにあったお土産やらなんやら詰め込むことものの10分!!!


荷造りって本気でやれば
あんな早くできるのね(爆


大汗かきながらフロントへダッシュするも
チェックアウト時間から約1時間半すぎてますけど
さすがケンチャナ韓国!

怒られることもなく、なにごともなかったかのようなチェックアウト(笑



こんなに出張や旅にしょっちゅういってるわたしだというのに
なぜチェックアウト時間ってものを忘れてたのか・・・。

その直前のプチ留学はコシウォン暮らしでチェックアウトってものが存在しなかったので
なんだか韓国にはチェックアウトがないと思い込んでいたみたいです☆⌒(>。≪)


すっかり肝を冷やしたわたしたち母娘は
まだお迎えのタクシーまでかなり時間があったのですが、
出かける元気を失い、しばらくロビーでまったり。

コーヒーのみながらウトウトしたりしていると・・・


「ちょっとー!!!!さにbhgdgkbfjdhdjfkんlm;m!!!!」

というなにか叫び声が。


自分には関係ないとおもい、あまり気にしてなかったのですが


「&()YIひうsdbjkbkぁんsl;msl;!!!!」

「bんjkskじゃkdんsdbhl;m、あkjs!!!!」


ハッと気づくとなんだか定期的に誰かおばさんが叫んでる声が。

するとうちの母が

「ねーあんたいってあげなさいよ!なんか怒ってるから」 と。


母はロビーのテーブルにすわってコーヒーをのんでいたのですが
わたしはその時たって壁際にたくさんおいてあるパンフレットをみていました。

実はその壁(というか柱)のわたしからみえない位置にエレベーターがあって
母はエレベーターの真正面に座ってる形。

母の指さす方へ歩くとエレベーターがしまるところでした。


何もないじゃん???

とまた戻ろうとすると、エレベーターがぐいーんとあいて
なかにぎっしり並んだ日本人のおばさまたち(10人くらい)が見えました。

するとあいたとたん、先頭にたってるおばさんが

「どうしてくいれるのよ!!!上にいけないのよ!!!なんとかしてよ!!!」

と宙に向かって叫んでる。

あ・・・この声だったのね(´ε`;)


私が静かにエレベーターに歩み寄り、どうしたんですか?と聞くと

「さっきから何度もこれで部屋にいこうとしてるのに部屋にいけないのよ!
部屋のボタン押してもつかないし、この階からあがっていかないのよ!!!
こわれてるんじゃないの!このエレベーター!!!」


と。


「これ、、、セキュリテイのシステムで、このお部屋のカードキーを
ここにかざさないと、部屋のボタンがつかないんですよ」


とやってあげると

「ええーーー!!!そんなこと聞いてないわ!!
わかるわけないじゃないの!まったく!!!!」


と私に怒鳴りちらして静かに扉はしまりました・・・。


これが実は最初にちらっと触れたエレベーターのアクシデント。

あの方たちは、日本からのツアー組で
現地ガイドが1階でみんなにカギをくばり、帰ってしまったよう。
で、おばさんたちは自分たちの部屋にいこうとエレベーターにのったはいいけど
そのシステムがわからず、カギをかざさなくても唯一いける
フロント階(B1)に来てしまった様子。
でも何度しめても上がれず、何度もしまっては開き・・・というエレベーターにのったまま
怒鳴っていたということのようでした(笑


説明しなかったガイドは(してたかもしれないけどw)ひどいと思うし
何度もフロントの階で叫んでてもフロントのホテルマンたちは
いっさい無視してるのもすごいw。

そして、エレベーター内に日本語でもしっかり
そのシステムについては書いて貼ってあります。
(でもおばさんはそういうの見るわけないと母から援護射撃)

で、結局親切でいったわたしが怒られるというやぶへびでしたが(笑


今思い出してもあのシーンは笑ってしまいます・・・。


だって、どうせあがれないんだから
何もあの中にきれいに整列したままドアがあくたび叫ばなくても
一人がおりてフロントにいいにくればいいじゃないですか('∀`)

なのに誰一人、一歩も動かず、先頭のリーダー格の人がどなり
後ろのおばさまたちが「そーだそーだ!」と応援するあのシーンが
エレベーターの開閉の旅に繰り返されてるシーン。

後で思い出すとかわいすぎて笑いがこみあげてきます・・・。



みなさん、エレベーターのシステムは注意してくださいね!
あ、あとチェックアウトの時間も(爆
韓国はだいたい12時ですね~



そんなわけで長かった母娘のソウルドタバタ旅行は終了です☆
次回からは先日いった「ひとりソウル旅行」を書きます^^



よかったらポチっとおねがいします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-06-09 14:15 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
すべての予定を終えて明洞にもどってきたわたしたち母娘。

あとは出発の時間まで明洞ですごすことにしました。


ちょうどお昼時。
最後のランチ。母になにが食べたい?と聞くと

「やっぱり一度は肉かしらね」

とのお返事。

あまり普段も焼肉とかいきたがらないのですが
さすがに韓国にきたからには一度くらい肉を食べたいといく気になったらしい。

でもさっぱりしたのがいい・・・という難しいリクエストだったため
セマウル食堂にいってみることにしたのでした。
a0222564_0511089.jpg


わたし的にはサムギョプサルも食べたかったし
うわさのドロドロキムチチゲも食べてみたかったのですが

そこで以前知り合いから「セマウルのチャルドバギ、めっちゃうまいよー」
と聞いていたのを思い出し

あ、あれなら薄いから母親もだいじょぶかも?と思いつきました。


二人前からの注文と書いてあったので
まったく愛想がオプソなおばさまに
「チャルドバギとサムギョプサル一人前づつじゃダメ?」とおねだりするが
即却下(爆


チャルドバギ2人前にしたのでした。

a0222564_0535527.jpg

こんなうすーくスライスしたお肉がきます。

鉄板にのせるとあっという間に焼けてくしゅっとなります。

a0222564_0543431.jpg

野菜などとサンチュでまいていただきまーす!


おいしいのですが、肉どこ?という感じ(´ε`;)

わたしのような肉食人間はもっと
「肉ここにいまーす」
と主張してくれるくらいのほうがウレシイ(*´∀`*)


非常に軽い感じのお肉でございました・・・。



食べ終えたわたしたち、まだ時間は少しあったのですが
とりあえずいったんホテルにもどって荷物かたづけよーなんてのんきにホテルに戻ると
一本の電話がなったのでした。


つづく。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-06-01 00:00 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
いよいよ母娘のソウルの旅も最終日。

ゆっくり朝起きて、この日はホテルからすぐのホボントーストで朝食。

a0222564_0365566.jpg


実はわたし、初ホボントースト。


ホンデでも明洞でも道端で屋台だしてるアジュンマのトーストは何度も食べてますが
かの有名なこちらは初チャレンジです^^

わたしたちが行った時間はちょうどあまり人がいなくて
社長さん、店のなかにまで入れてくれちゃっていっしょに写真とってくれました(笑

a0222564_039343.jpg


手前に並んでいるのがフルーツジュースの種類なのですが
いろいろあって迷う!


結局ホボントーストとハムトースト(たしか)を購入。
その場で食べられるかとおもっていったのですが
テイクアウトのみで食べる場所もなかったので
すぐ近くのホテルの部屋に戻っていただきました。

a0222564_0404674.jpg


たしかに・・・甘いw

これはこれでおいしいし
やみつきになる!って人も多いのもよくわかるのですが
わたしが、食事で甘い味が苦手なため
屋台のアジュンマのトーストのほうが好みかも・・・。
(ジャムとか砂糖とかいれないようにしてもらったせいもある)


フルーツジュースはほんとフレッシュでおいしかった^^

なにより社長さんのほがらかな空気が人気の秘訣ですね♪



さて、仕切りなおしたわたしたちはそのままおでかけ~
ロッテマートへ最後の土産を買出しに。


a0222564_0433863.jpg


マートはたくさんのスンギに会えるので大好きな場所(笑
日本のダノンにもスンギいればいいのに・・・(´ε`;)


すべてEMSで送る手配をして明洞へ戻ったのですが
実はこの時、わたしとしたことが大事なことを忘れてたのでした!!!



つづく。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-05-31 00:35 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
そうそう。
まだ11月の話がおわってません(笑


東大門でタッカンマリを食べおなかいっぱいになったわたしたち母娘。
地下鉄でホテルのある明洞に戻ったのですが。

そのまままっすぐホテルに帰るのはもったいないので
明洞をぶらり~

母がどーしても欲しいとUGGのショートブーツを買い
わたしはいつもの露天でマフラーを。

そのあとはお茶しよう!ということになったのですが
明洞ってチェーン系コーヒーショップばかりであまりカフェらしいカフェが見当たらない。


そこでここに入ってみることにしました。


a0222564_17553115.jpg

Cafe coin → コネストさんで★

なんか重厚感のあるインテリア。

a0222564_17571581.jpg

まさにホテルのラウンジか大人の喫茶店のような雰囲気。

a0222564_17572675.jpg

客層もかなり高め。
韓国人のおじさま、おばさま(落ち着いた感じの)たちが多かったです。

a0222564_1759670.jpg

あとは何より店員さん。
日本的サービスでした^^

若い子が多いので、アルバイトだと思いますが
チェーン系でよくみるカジュアルな(よくいえば)接客とちがって
かなり丁寧です。

お値段はまあまあよかった気がしますが
たまにはいいかも(*´∀`*)

母はおちついたみたいです。


そしていい時間になったので、疲れ果てた母はホテルへ。
わたしは一旦ホテルに戻ったあと、友人に会いに再び部屋をでました。

そのとき、カードキーを一枚しかもらってないのを思い出し
母が寝てしまったら入れなくなるので
地下にあるフロントへいき、カードキーをもう一枚欲しいといったら
すぐくれました。

そしてその地下から1Fの出口へ上がろうとしたとき
チェックインしたばかりの日本人女性がひとりで困ってました。

自分の部屋に上がりたいのにエレベーターのボタンがつかないと。

ああ、これ、カードキーをここにかざさないと部屋のボタンが反応しないんですよ!と
教えてあげたのですが・・・覚えてます?
旅行最初の記事でもちらっといったのですが
このシステムが後にアクシデントを起こします(笑

これに関してはもう少しお待ちをw


ホテルをでた私はそのまま友人が働くsaemへ。
買い物もしないで店内で立ち話すること2時間近く(爆


ゴメンナサイ・・・・。
(日本ならクビだわw)


この日、元ファーストレディーがおでましになったようで

a0222564_1874010.jpg


そうですか(笑


saemの親会社 韓国化粧品の社長がどなたかと交友があるらしく
来店されたそうです。


深夜11時。友人も仕事おわり閉店になったので
わたしもおとなしくホテルに帰って眠ったのでした。


いよいよあすは帰国する日です!



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-05-30 10:30 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
エステでほぐされて
カロスキルでぶらりと買い物・・・・そしてdootaでしめくくった頃
おなかもすいてきて・・・夕飯どき。


なんせ母はからしやわさびはチューブごと飲んじゃうんじゃない?ってくらいですが
唐辛子系がからきしダメ(´Д⊂

なかなか食事のチョイスも迷います。


でも東大門にいるならやはりあそこでしょう。

ってことでむかったのはタッカンマリ横丁の
a0222564_0481715.jpg

진옥화할매원조닭한마리 陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ
*コネストさんからお借りしました→ ★コチラ

少し並んでたけど、番号もらって数分でよばれました。


なんだかんだ人気のこのお店の味が好きです。

まるごとぐわっと
a0222564_0391067.jpg

じゃがいものつきささった鶏の姿に一瞬ひるんだうちの母でしたがw


おいしいと食べてました^^



さて、大荷物もっておなかいっぱいのまま
地下鉄にのって明洞へ~

ホテルに帰るとおもいきや、まだまだ遊ぶのだ!



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-05-28 10:35 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
ハプチョンであったかいお母さんのご飯で満たされたわたしたち母娘。
そのままハプチョンから地下鉄にのって新沙までいくことにしました。

この日は午後から予約をしてあったサロンへ。

a0222564_16453087.jpg

마이테라피 my therapy
この看板、おなじみですね^^


今回韓律停の予約がとれなかったので
試しにいってみようとここに予約をしていました。

わたしは小顔管理とボデイのコース
母にはリフティングとボデイのコースと違うコースにしてみたのですが
何かちがってたのか?はよくわからず(´ε`;)

同じような施術だった気が・・・・(笑


内容自体は気持ちいいもので、母もわたしも爆睡してしまったため
よくわかりません(いい加減

でも終わったあとお茶が出るとか
始まる前もバタバタ入る感じで
あまりゆっくりした空気はなかったです(笑

そして何よりベッドが熱すぎ!
カチカチ山か!とひとりで突っ込んでました。


「気持ちはよかったけど特別感はなし」

そんな感想です(;´Д`)




その後はカロスギル~セロスギルをぶらぶら~

母好みの服があるような店はなかったのですが
そこはちょっとつきあってもらって。

a0222564_16561145.jpg


キムズブティックでも今回はけっこう買いました^^
ここはなかなか斬新なデザインも多いので
ものすごいツボにはまってめちゃ買いするときと
まったく食指が動かないときと極端なのですがw
今回は買いモード。
もちろん10%オフの現金払いです^^

そのほかいつも買うお店でダウンコートを購入。
安いしほかにないデザインでお気に入り。
昨冬は活躍しました!


そのあとはカロスギル入口からタクシーで東大門へ。

dootaをぶらつき、父のおみやげなども買い
夕食は東大門といえば!のお店へいくことにしたのでした♪


つづく。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-05-27 15:30 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
すっかりストップしてしまっていた母とのソウルの旅。
つづきです。

母との旅行4日目。


前日は全州バスの日帰り旅でクタクタ。
朝起きてほんとはいろいろ食べたい朝ごはんがあったのですが
ホテルの朝ごはんバイキングを食べようと母がいうので
食べてみたけどちっともおいしくありませんでした(笑


そこから以前いっていた学校へ先生に会いに行こうと思っていたのですが
ギリギリででたために、学校についたのが
ちょうど授業が始まってしまった10時。

あきらめてそのままホンデをぶらぶらしつつ合井方面へ歩きました。

もちろん午前のホンデ・・・ご存知のとおり眠った街。
あの深夜の喧騒がうそのような静まり返ったシャッター街をとぼとぼ歩き(笑

わたしが暮らしたコシウォンを母にみせ
前から行きたかったあるお店へお昼を食べにいくことにしたのでした。


地図をみるとそのコシウォンからすぐ近くのようす。
で、たどりついてみると・・・・

ちかっ(笑)!!!

コシウォンから30秒。
なんでいる間にいかなかったんだろ(爆


そのお店がこちら。
a0222564_16125259.jpg

솔내한옥집(ソルネハノクチプ)

コウケンテツさんの
「僕の大好きなソウルのおいしい店」に載っていたお店。
この本はプチ留学前からもっていて
いちばん行きたかった店なのに、いけずじまい。
まさかこんな近くにあったなんて!

実はこの日、上記のようなながれから
このお店についてしまったのが朝10:50頃。

どう考えたって昼ごはんには早すぎる。
そもそもお店があいてない。

どうしよう・・・と思いながらお店の前まで路地を入ってみる。

a0222564_16175796.jpg

ところが・・・・なんか入口がふたつあるんです。

手前かしら?奥かしら?
なんて悩みながらのぞいてみると おねえさんがいました。

そこで「ソルネハノクチプはここでいいんですか?」と聞くと
「食事?」と。
そうです・・・と答えると、別の入口のほうに連れてってくれて
「オンマ!食事のお客さんがきたわよ!」と。

もちろんまだお店はあけておらず
しかも支度真っ最中という感じで忙しそうだったお母さんが
「寒いから早く家の中入りなさい!」と入れてくれました(´ε`;)

a0222564_16234098.jpg

普通のおうちにきたようなおちつく空間。
a0222564_16262487.jpg

台所では、そのお母さんと、別の娘さん?お嫁さん?もうひとりのおねえさんと
せっせと下ごしらえ中。

わたしたちはとりあえず座敷に座り待ってみました。

しばらく夢中で支度をしてたお母さんが
「ポリパブでいいの?」と注文を聞いてくれたので
ポリパブと白菜チヂミとコンナムルクッパを注文。

しばらく待つと
a0222564_16254577.jpg

バンチャンもどどーーーんと出てきました^^

マシケッタ!!!

a0222564_1626462.jpg

ポリパブと
a0222564_1627992.jpg

コンナムルクッパと
a0222564_1627294.jpg

白菜チヂミ。

ポリパブはわたしの大好物。
なかなか日本でこれを食べられるお店がないのが残念。
ほんとにヘルシーでおいしい。

コンナムルクッパは、前日全州で食べられなかった悔しさを
ここで晴らせましたw

ちょっとぴりっとかなりあったまる味。
ご飯もたくさん入ってました。

そしてここの名物というべき白菜チヂミ。
もうこれはうわさ通り絶品です。
白菜の甘味とジューシーさをジョンにすると
こんなにおいしいのかと。
なぜほかはやらないんだろ?と不思議です^^

食事があわないと文句ばかりいってた母が今でもこのチヂミが忘れられないらしい。
結局母がほとんど食べました(笑

わたしたちの食事を出し終えるとするとなりのテーブルで
おふたりもまかないを食べ始めました。

大きな緑の唐辛子かじりながら質素にご飯を食べる姿に母仰天。

お客さんがいるのにまかない食べるのにも((((;゚Д゚))))
大きな唐辛子にかじりついてるのも((((;゚Д゚))))
立て膝でたべてるのも((((;゚Д゚))))


すっかり私がおどろかなくなった韓国文化も母には仰天だったらしいです(笑


食べ終わったあともお客さんはまだなし。
結局 ここ何時からオープンだったのかしら(-_-;)?


その間座敷でゆっくりさせてもらい
いろいろ写真をとらせてもらおうとすると
あわててお母さん、干してあるタオルとか隠してくれます。
そのままでケンチャナヨw

そしてお母さんの写真は絶対やめてーと恥じらいます(笑


a0222564_16345385.jpg
a0222564_16351348.jpg
a0222564_16352810.jpg


とってもおいしくて居心地のよかったお店。
おかあさんのあったかさが身にしみました。

またぜひいきたいお店です^^


さーてお腹パンパンになったわたしたち。
今度は漢江のむこうへ癒されにいってきまーす♪


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-05-26 21:48 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
全州→サムゲタン(+スンギ)を堪能して
もう寒さと疲労でくったくただった私たちは
タクシーにのって明洞ホテル方面へ・・・・帰ったのですが


ホテルに入らず(爆


そのままちょっと明洞をひとまわり。

せっかく明洞に泊まったのに
まだ明洞みてないしw

ここで何組ものデモ行進をみて
一回りしただけだったのですが

お友達がいるsaemのショップをのぞいてみると・・・
イタイタ!


もう買い物する元気もなかったし、とりあえずソウルに来てるよ~ということだけ
挨拶しておこうと顔をだしたら
「時間ある?」と。

1分ほどまっていると彼女が戻ってきて何かをくれました。

「なに?」

と聞くと

「お母さんが初めてソウルにいっしょに来るって言ってたから。
何がいいか悩んだんだけど・・・よかったら」


と、初めてソウルを訪れる母のために
お土産を用意してくれてたんです!!!


もう感激で涙でそうでした(´;ω;`)

情にアツイ韓国の人が
ほんとに大好きです!!!


そのあとはホテル近くのコーヒーショップでお茶をして帰りました。


a0222564_20591192.jpg


彼女がくれたのは伝統菓子(龍のヒゲのですね!)と
韓国らしいデザインのかわいいしおりなど。

しかもお母さんがお友達にあげられるようにとたくさんくれました。

わたしにもちゃんとスンギの新しいポストカードいれてくれるとこが
ノムチョア(´∀`*)!!!


ほんとにほんとにカムサハムニダ!



疲れたけどほっこりした気持ちで眠った夜だったのでした。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-05-02 20:52 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)
全州への日帰りバス旅行からなんとかソウルに戻ったわたしたち母娘。
出発した東和免税店前に到着。

明洞近くになってから大渋滞でバスがまったく動かなくなったのですが
そのときバスの外は一面黄色!!!

え?黄色っていうのは・・・

すべて警察官です((((;゚Д゚))))


寒波がきて寒すぎたこの日
全州では冷たい雨・・・ときにはみぞれ?という感じでしたが、
ソウルもかなり寒かったらしく、夜になったら風もふいてそれはそれは寒い日でした。


そんな中おまわりさんが街中を警備中((´д`))


この日韓国とアメリカで大事な条約をむすんだ?かむすぶ方向だったか
なにかそんな大事な日で、デモも明洞じゅうでおきてました!

a0222564_20264349.jpg
a0222564_20265740.jpg


結局この日からずっと警察官が街をうめつくす日々が続いたのですが
あまりの寒さに鼻水が凍ってるようなおまわりさんもいて
母と「こんな日はデモ中止してあげて欲しいわね・・・」としみじみ言ってたのでした。


で、この日、帰りのドライブインでうっかりくるみまんじゅうとか
コグマステイックとか調子にのって食べていたので
おなかいっぱいだったのですが
ちょうど夕飯どき。
なにか温まるものを食べよう!ということになりました。

バス降りたのが光化門だったので
土俗村にいこうかな?と思ったのですが
母に「クリーミーなのとさっぱりしたのどっちがいい?」と聞くと
「さっぱりしたの!!!」
と即答でしたので(笑)ネットの口コミで評判がよかったこちらにお邪魔してみることに。

a0222564_2016673.jpg


正統参鶏湯です。

ちょっとわかりにくい裏道にあるのですが
この裏道までおまわりさんが警戒してて
ちょっとドキドキ・・・(わたしたちには目もくれませんがw)

昼間はかなり地元の人で混んでいるということでしたが
もう夜のいい時間でしたので、
食べていたのは近所のサラリーマンアジョシのグループのみ。
(でもかなり焼酎すすんでて、完全に居酒屋状態でした(;´Д`))

a0222564_20331541.jpg


まずはキムチがでてきて・・・
a0222564_20342251.jpg


母には一羽まるまるの参鶏湯を、わたしは半羽の半鶏湯を頼んだのですが・・・

a0222564_20352024.jpg
a0222564_20354821.jpg


この塩コショウをつけて食べてと出されます・・・。
a0222564_20361767.jpg


でも一羽も半羽も見た目違いがわからず・・・


ハンゲタンのわたしのほうが
食べても食べてもすくってもすくっても
ごはんだらけ!!!!


一羽の母の方が鶏肉いっぱいでご飯一口程度w

むしろわたしのほうがボリューミーになってたというオチww

いいんです。
このアバウトさがチョアヨ♪


で、食べてあったまったねーと
まったりしていたら



スンギが!!!!



あ、店内のテレビにです(´ε`;)

a0222564_2039465.jpg


芸能バラエテイみたいのをテレビでやってたのですが
スンギのパワーインタビューが始まって興奮MAX!

でもテレビちっちゃい!
音もちっちゃい!!

(酔っ払いサラリーマンの声がでかいともいう)

ともんもんとしてるとナイスなタイミングで
お店のアジュンマ、二階にあがってきてくれました。

わたしが必死で聞き取ろうとしてると

「テレビみたいの?」

と聞いてきたので

「スンギのファンなんです!!!!」

と思わず即答したわたし。

するとアジュンマ・・・テレビのボリュームあげてくれた上
自分も好きだったらしく・・・



a0222564_2042029.jpg

こうなりました(爆

必死で韓国語をききとりつつ
ちょっと面白いこといったり、スンギが甘いセリフ言わされたりして
わたしが「Σ(゚∀゚ノ)ノキャー」となる瞬間は
アジュンマかならずわたしを振り返り一緒に(´∀`*)ウフフ


変な連帯感が生まれました(笑


スンギのインタビューがおわったので
思い残すことなく会計して感じのいいアジュンマに見送られ
タクシーで・・・。


ここの参鶏湯はほんとさっぱりしたスープで
漢方くさい参鶏湯や、クリーミーな参鶏湯が苦手な人も
おいしく食べられると思います!


アジュンマもいい人だしオススメです♪

あ、でも店内にあがる階段は急なので
お年寄りや酔っ払いは注意です!!!


しかし長い一日でした♪


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by natsupan | 2012-05-01 20:13 | ソウル(with母) 2011.11 | Comments(0)