トキメキ☆ソウル natsupan.exblog.jp

あの地震のあと突然はまった韓国。ひとりでぶらりといっています。ELF&AIREN。ヒョクもスンギも入隊。ゴム靴はいてます。そして、、元BOICEになりました。


by natsupan
プロフィールを見る

アナザーストーリーズ

NHK BSプレミアムで放送している
『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』という番組、ご存じですか?

話題は多岐に渡っていて
毎回かなり興味のそそられるテーマなのですが
なかなか見られず…

ただ、先日のテーマが

「冬のソナタがおこした奇跡 韓流ブームの発火点」

だったのでおもわずみてしまいました・・・。

a0222564_09540147.jpg


まずひとつめの視点が
『純愛』

ユンソクホ監督が初恋にこだわる監督で
すでに秋の童話でヒットをとばしていた中、
自分の初恋の思い出のあるナミソムで撮影することにこだわったこと、
新人の作家と組んだことなどがあげられていました。

ナミソムはその当時
変な遊具とか(偽者ミッ⚪ーマ⚪スの絵が書いてあったりw)があったり
ゴミだらけのさびれた島で、誰もよりつかない状態だったそう。
でも、監督の甘酸っぱい初恋のデートの地である、
ナミソムのメタセコイヤ並木にこだわり、撮影を決心したとか…
そこに奇跡がおこり、ものすごい雪がふり、一面銀世界に(ゴミも隠れた!)
夜に予定していた撮影を、急遽朝のシーンに変え
あの雪だるまシーンが生まれたそう。
白は初恋、純愛の象徴なんですってー(*´ω`*)

また、冬ソナの作家は二人の女性作家の共作で

a0222564_09540453.jpg

その二人が当時まだ勉強中のデビュー前の作家だったため
テレビ局に『そんなやつに書かせるのか!』とクレームきたりしたそう←韓国らしいw

でも監督は直感を信じてこの二人に任せたら大成功。

しかもこの作家の二人が
地方の大家族の中で育った人たちで
古風なところがあり、
台詞でも사랑해요ではなく사랑합니다だったり
お互いを~씨づけで呼ぶなど
丁寧で上品なのがまたうけたとか。

a0222564_09540731.jpg


ちなみに、監督自身も純愛初恋にこだわり
結婚がなかなかできず、なんと
4年前にしたそう!(現在50代半ばのはず…)

そんな監督が心を決めた奥さまがどんなひとなのか
もんのすごく気になるんですけど!!



そして2つ目の視点は

『金大中大統領の施策』
a0222564_15551402.jpg


日本の文化がはいってくることを一切禁じていた韓国に
日本の映画やアニメ、歌などを許可し
また、韓国の強みになるコンテンツを作り出すために
文化的なものへの発展に援助をすることを推し進めた矢先の冬ソナブームだったそうで
大統領もヨン様ヨン様とブームを喜んでいたとか(*´ω`*)

(政治的にはいろいろありすぎる方ですがその辺は今回は掘り下げず)


そして3つ目の視点は

『冬ソナで人生がかわった人たち』


それまでまったく日本の文化になかった
韓国ドラマが
NHKで初めて地上波放送され
日曜の夜11時という枠にもかかわらず
視聴率は20%を超え
ものすごい数の手紙が届いたとか。

今回とりあげたのは
最愛のご主人を早くに亡くし
希望を失っていたところ
冬ソナに出会い、あの純愛にどっぷりとはまり
現実の悲しみから逃避できた70代の女性。

第2子を妊娠中にひどい顔面麻痺に襲われ
治る見込みなしと医師に告げられ絶望の淵に。
目をつぶることもできず、日常生活すら大変、
夫とも離婚することとなり
人生の希望を失っていたときに冬ソナと出会い
ユジンの前向きで突き進む姿に憧れ
奮起し、独学で韓国語を学び、いまではその韓国語を教えて生計をたてているという女性。

そんな二人の人生をとりあげていました。

冬ソナがもたらしたのは
ヨン様の尋常ではない人気だけでなく
日韓のお互いの文化の流入と
経済効果、
そして数えきれないほどの人を勇気づけたこと。

わたしも地震きっかけで突然韓国ドラマにはまった人間なので
すごくよくわかります。


韓国ドラマの何が楽しいの?
そんなドラマなんかでお花畑にはまってバカじゃないの?

そんな声はよく耳にします。

さすがにドラマの世界しか見えないのはどうかと思いますが
たかがドラマみるだけで
現実逃避できて勇気がもらえるなら最高じゃないですか!

ドラマみるだけで
韓国語勉強して話せるようになっちゃったり
タブレットやスマホを使いこなせるようになっちゃったり
前向きにチャレンジ精神わいてきちゃったり。

すばらしいことですよ。

日韓の関係は相変わらず。
動きまくるゴールポストに
北の脅威まで。

頭に来ることもわかりあえないこともたくさんあるけど
冬ソナってほんとに社会を変えたんだな…とつくづくすごいと思いました。

そんな大きなビジョンじゃなくても
気晴らしにドラマみるだけで一瞬でも悩みを忘れられるなら
そんな安上がりなことないですからね♪


今さらだけど
冬ソナちゃんとみてみようかな?と思ったりしてる自分もいました…(笑)

わたしのまわりでは
この当時、ひそかに冬ソナにドハマリしてるおじさまも多かったんですよね…

純愛は男女問わず、なのかな(^^)


ちなみに・・・
作家さん、「冬ソナ2」の構想中らしいです。
ほんとに続編できるみたい???



にほんブログ村
[PR]
Commented by なな at 2017-05-10 13:52 x
なつぱんさんこんにちは。私はこの番組見逃したんですが、なつぱんさんの記事見て俄然見たくなりましたー。そして、韓国ドラマやkポファンでいる限り誰もが抱えているであろう葛藤に頷きながら我慢出来なくてコメントしちゃいました。ほんと、そう。興味ない方々とのギャップはしんどいです。ニュートラルに受け入れてくれる子もいるけど、やっぱりそうじゃない人もいるし。近くて遠い国とはよくいったものでニュースとか見るたび憎たらしい気持ちでいっぱいになる事もあるけど、やっぱりその魅力には勝てないというか、悔しいけどかっこいいし面白いし、おそらく日本では出来ないドラマや日本人アイドルにはない精神やパフォーマンスや歌。まんまと金大中元大統領の策略にハマっているのも確かですがw
語り出したら止まらないのでこの辺でやめときます...だいぶ飛躍してる上に長々と失礼しましたm(_ _)m
Commented by natsupan at 2017-05-11 18:31
ななさん★いえいえーーほんとそのとおりです^^
近くて遠い国。自分の国が一番!のウリナラ精神はどちらも強くて、個人レベルのつきあいや文化交流はこんなに盛んなのに、表向きいつまでもわかりあえないおとなり。。。
もういい加減つかれます。。。
でも冬ソナにはこんなに大きな意味があったんだなーとあらためて驚きでした。
なんだか知らないけどいいものはいい!!!ってなったんですねw
わたしもニュースや外交の話題を見るたびがっかりですが、自分なりの付き合い方をしていきたいとおもっています!
by natsupan | 2017-05-06 14:26 | 韓流ネタ | Comments(2)